Fish ‘n sustainable

持続可能な魚食を考える、SH”U”Nプロジェクト

お魚、ちゃんと食べていますか?
先日、国立水産研究・教育機構主催の
SH”U”Nプロジェクト
外部レビュー委員会が開催され
私も委員として参加しました。

このプロジェクトは、
いってみれば日本版MSC認証、
(Marine Stewardship Council)
みたいなもので
日本独自のお魚のエコラベル評価を
考えましょうということからスタート。

sakana1現在、魚種ごとに資源の状態、
生態系・環境への配慮、
漁業の管理、地域の持続性、
健康と安全・安心などさまざまな角度から
データ収集と評価が進められています。

こうしたプロジェクトの背景には
2020年のオリンピックに向けて
環境に配慮した水産資源を考えることや
「日本は魚を穫り過ぎている」などという
海外からの批判にもきちんと答えられるよう
公正かつ客観的な調査を進める
目的もあります。

いま世界では、水産資源の約3割が
過剰に漁獲されている状態にあるそうで(FAO2016)
持続可能な開発目標(SDGs)でも
海洋生物資源の持続可能な利用が記されています。
今後はこの3割の資源を適切に管理し回復させ、
また残りの7割についても
持続可能な漁業開発を続けることが大切です。

shunpro1 さて、委員会では私は消費者の立場から
本プロジェクトの意義について問い、
点数評価が消費者、漁業者に
及ぼす影響や有効性を確認しました。

果たして点数でどこまで伝わる??
というのも今後検証が必要です。

また今年はサンマの減少が話題となりましたが
水産資源の変動には、漁業だけでなく
温暖化による水温上昇、
公海における他国籍漁船の影響など
さまざまな要因があります。
そうした評価は考慮されていないことも
気になり意見しました。

印象に残ったのは、研究者の仮説です。
「国際的な環境フォーラムでは、
日本は世界中の水産物を集め、
遠洋漁業を行い、どん欲に水産物を利用しているので
日本沿岸の生態系は荒れ果て、
乱れているというイメージを持たれることがあるが
実際に日本に来ると津々浦々に漁協があって
海がきれいな環境に驚かれることが多い。
日本沿岸の環境というのは、
荒れ果てた乱獲の状況にはない、というのが
一つの作業仮説。
本プロジェクトをきっかけに
データを集め検証し、
必要なところは改善していきたい」

との意見に私はとても共感しました。

水産、漁業の専門家の皆さんが
居並ぶ委員会ですが
私は消費者目線、環境目線で
今後も参加したいと思います。

里海という言葉があるように、
私たちは海を身近に感じながら
暮らしてきた歴史があります。
ちゃんと人の手が加わることで
自然と共存し、海の資源を守っていける、
そういうつながりを取り戻す
きっかけにもなれば、と願います。

 

 

ITADAKI-MASU

夏休みの終わりに、
山梨県道志村の養老の森で
「命をいただくということ
猟師さんと歩く森学」を開催。

deer_hunting

水資源保全協議会主催の
このイベントは、
都市と里山をつなぐことをテーマに
横浜市民の水源の森、道志村を
もっと楽しもうというところから
生まれたもの。

私は食育担当として協力し
猟師さんのおすそ分けの
鹿肉カレーを食べて
森で、猟師さんから
森と動物の話を聞こうという
プログラムを企画しました。

この日は養老孟司氏の
講演もあったせいか、
台風前日の荒天にも関わらず
大勢の親子が参加!

deer2でも、なぜ鹿肉?
かといえば、いま日本の森では
鹿が増えすぎて森や畑が荒廃する
ということが起きています。

「昔は、この辺は雪深くて
鹿もそれほど多くなかった。
でも温暖化のせいか温かくなって、
冬を越せるようになったかもしれねぇな」

地元の猟師さんが教えてくれました。
また全国で猟師人口が激減したり
植生が変化したのも理由のようです。

でも、もともと森は動物たちのすみか、
害獣って呼ぶのはどうかな?
と、ふつふつしていると

「昔から、鹿は山の神様の分け前
っていって感謝の儀式があるさぁ」
と猟師さん。

普段、私たちは機械化された
スーパーの肉を食べ、
いつのまにかそういう
「自然への感謝」を
忘れている気がします。
昔の日本人は、里山暮らしをしながら
狩りをし、自然と共存してきたわけです。

「命をいただく」って何だろう?

その意義を考えていた時に
ある言葉に出会いました。

故宿人身
同証仏果

命尽きた生き物はそれが因縁ゆえ、
(食べられて)人間の身になることで、
人と同化し成仏することができる・・・
という意味の諏訪大社の勘文。

諏訪大社では、狩猟神にあやかって
鹿肉を食べる免罪符を発行していたそうで
そこにこの言葉が書かれているそうな。

また、鹿肉は牛、豚肉に比べても
鉄分、たんぱく質が多く
まさに私たちの血、肉となる食べ物。

そんな話をあれこれしながら
みんなで頂いた鹿肉カレーは、
格別の美味しさでした!

そして思いのほか、子どもたちの
理解力がしっかりしていて
「うん、わかる!」的な反応。
森好きの子どもたちは、頼もしい〜。
また参加者からは
「若い人も、もっと森で猟をしたいと
思うようになれば森の保全に役立つよね」
「鹿肉、意外と柔らかくて美味しい」
などの意見も頂き、うれしい一日でした♡

 

 

 

 

 

Sky of EDO

日本橋をあちこち取材、
なかでも感激したのは
橋のたもとの船着場から
日本橋川〜隅田川〜東京湾へと
船でゆく日本橋クルーズ。

中央大橋
中央大橋

いくつも橋をくぐっていくうち
ビルの向こうにも
北斎が、広重が・・・、
絵に描いた賑わいが浮かぶよな、
浮世のいまむかしの
想像の旅が楽しめます。

「日本橋川が蛇行する角度は、
江戸城と富士山が
きれいに見える配慮だった」
「昔は川沿いに魚河岸が並んでた」、
なんてガイドさんの話をきくと
頭の中で浮世絵が風景と重なって。

Nihonbashi
川から眺めた日本橋

nihonbashi_hiroshige けれども残念なのは、
橋の下から眺めたときに
空が見えないこと。
あの浮世絵ブルーはどこに?

首都高に挟まれて、
橋の上の麒麟も
なんだか飛べそうにない。

東京オリンピック前に
都市改造でドンと造られた
首都高は江戸東京のシンボルを
無惨にも縮こまらせています。

日本橋保存会では、
日本橋の空を取り戻すために
いろいろ活動しているそうです。

Kirin
日本橋の麒麟像

今度の東京オリンピックには
間に合いそうもないけれど
いつか、江戸東京の守護、
麒麟や獅子さんたちが、
のびのび空を見上げられる日が
くることを願いたいものです。

日本橋クルーズのコラムは
GQ9月号 別冊時計ガイドの
日本橋ガイドに掲載。

OKINAWA told me・・・

先日、沖縄取材のついでに、
ぶらり沖縄散歩。久高島へ。

久高島では、ぐるっと聖地巡り。
神様のすむ島として
先祖代々守られてきた島には
手つかずの自然が残っていて、
森へ入ると、
むぅっと植物の呼吸が
感じられるような
濃い空気に包まれます。

kudaka_island 久高島には、
土地は誰かのものじゃなく、
神様のものという考えから、
個人所有を認めず
「総有」という
独自の憲章が守られているそうです。

おかげで開発されることなく
自然が守られてきたわけです。

kudaka sea私たちはつい、自然を
コントロールしようと
してしまいがちだけれど
実は自然は誰のものでもない
ということを忘れてはいけないですね。

けれども沖縄のちょっと先の
尖閣諸島では、隣の国が
けんかをふっかけている。

自然破壊が進んだ、かの国は
心まで破壊されているのか。

豊かな国のつくり方。

私たちの祖先から続くDNAに
刻まれた大切なことを忘れずに、
この自然、この国を
守りたいものです。

太陽と龍@斎場御嶽

太陽を見上げたら龍がいた。

Innovator’s tips!

世の中を変えるイノベーターに
会いたい!
話を聞きたい!

そんな個人的な想いを
ガッツリぶつける新連載、
「変革大陸〜
次世代リーダーのON&OFF」が
講談社「FORZA STYLE」で
始まっています。

記念すべき第一回目は、
キリン スプリングバレー ブルワリーの社長、
和田徹さんでした。

forza style beer
FORZA STYLE 連載「変革大陸!」より

クラフトビールという
手作り感覚の次世代ビールを
本気、
かつ遊びココロもたっぷり、
という絶妙バランスで
取組んでいらっしゃるお方。

ビールの“文化を創る”という
お話には共感しました。

きっとこれからの消費は、
モノより文化、
かもしれないですね。

詳しくは記事参照のうえ。
http://forzastyle.com/articles/-/48540

日本の未来をつくる、
変革者たちに、
さぁ、会いに行くぞ!

Portland Festa in横浜

いま行ってみたい街、ポートランド。
5月に開催された
2nd Portland Festa
In Yokohama Bay Quarterに
私たちスマート・ウィメンズ・コミュニティの
「たねまるしぇ」も出店しました。

01ead2a1b63d0b77ad3e77242f8ff12972d0cb4e07たねまるしぇでは、
地産地消の普及啓発として
野菜のマルシェ&交流会を
昨年より行ってきましたが、今回は
みんなで開発した
ローフットフード・ピクルスも販売。

010174e7191970d0bddfb67ae8a4f865922d6ea111地元野菜を皮ごと、葉ごと
ヘルシーに食べられる
砂糖不使用のピクルスは、
“地球ダイエット”の
取組みとして注目されました。

地域の人々が農を支える
CSA=Community Supported Agriculture
という仕組みが根付く
ポートランドは
世界で一番レストランの多い街
として過去にランキング
したことがあるほど
食に対する意識が高いそうです。

フェスタに合わせて来日した
日本人シェフの田村なを子さんは
「市民がレストランを育てる、
生産者を支える」という
ポートランドの食風土を
教えてくれました。

私たちのまち、横浜でも
そんなふうにみんなで
食文化を育てていけたらいいね。

01ae31e0fb729d60e51b40b57c7227f3c31bf9fedd

Old & New、KAMAKURA

鎌倉は、出かけるたびに
発見がある。
古くて新しい、まち。

そんな鎌倉を愛してやまない女優、
鶴田真由さんに
先日、インタビューしました。

SAISON AMEXカード会員誌
5月号の「プラチナ」「ブルー」
各誌に掲載されています。

Mayu Tsuruta「鎌倉は古都のイメージで
観られがちですが
いま新しい風が吹いています」

鎌倉に縁ある人たちが
立ち上げた
パブリック・ベンチャー
(株)鎌倉の設立メンバーとして
まちづくり支援に関わっている
鶴田さん。

お寺×ITのイベント、
八幡宮×演劇など、
いろんなコトづくりが
行われてきたそう。

古都でコト!

そもそも先人たちがここに
いい国を作ると
東国を切り拓いてきた
場所でもあるから、
革新の魂みたいなものが
受け継がれているのでしょうか。

私も七五三の頃からずっと
人生の節目にお参りしてきた
鎌倉。
これからも
エキサイティングな町に
なりそうですね。

dankazura
新しくなった段蔓

What’s blue carbon?

海もCO2吸収しているって
知っていました?
海のCO2削減の取組み、
ブルーカーボンが
ますます注目されています。

銀座三越にて連続講座
フジテレビpresents
「ブルーカーボン連続セミナー」
が開かれ、私もMCとして
ご協力させて頂きました。

IMG_5763

東京海洋大学 刑部教授はじめ
九州工業大学の浦環先生や
さかなクンなど、
海洋研究の第一人者の皆さんが
海と地球環境のこと、
海洋資源、海洋生物など
興味津々のお話を講義。

なかでも衝撃的なのは
CO2の30.5%は海に吸収され
それによる海の酸性化が
進めば海の生物多様性が
損なわれてしまうということ。

IMG_5732

海に囲まれた日本の私たちは
海の幸とともに暮らし、
独自の海文化を育んできました。
江戸前の食文化も、
東京湾の豊かな恵みがあってこそ。
でもいつかその恵みが
失われてしまうなんてことが
ないように、私たちは
海の環境と温暖化について
もっとマジメに
考えていかなければ、
と思ったわけです。

セミナーには、子ども連れの
お母さんも多く参加され
環境教育のことなど
積極的な意見もありました。

これまではシンポジウムなど
専門的な議論が多かったのですが
三越という開かれた場で
セミナーが行われることで
子どもも大人も、
より身近な問題として
海の環境について考えて
もらうことができました。

最終日には、リピーター参加の
女の子から、手作りの
魚のしおりのプレゼントを
頂いて感激!でした。

IMG_5781

 

 

『こどもみどりアップQ』

森はなぜ大切なの?

森がないとどうなるの?

税金て何?

なんで森のためにお金を払うの?

そんな子どもたちのギモンに答える、
『こどもみどりアップQ』
できました。

私が委員を務める
横浜市みどりアップ計画
市民推進会議
広報部のみんなと
職員の皆さんとで
「子どもにお金の話って、
どうしたら伝わるかな?」
と悩みながら
一緒に作った別冊版。

下記からダウンロードできます。

『子どもみどりアップQ』
A3裏表印刷 四つ折り
mm-midoriupq-kodomo

Green tax for the future

子どもたちと一緒に考える、みどり税のお話。
横浜市のみどりアップ計画市民推進会議の主催で
3/12「まちもり探検キッズ」というイベントを実施。

私は同会議委員で広報部長として
イベントに携わってきました。
一番難しいと思ったのは
「どうしたら子どもに
税金のことわかってもらえる?」
ということ。

IMG_5750

最近の小学校5、6年では
税金の話も本格的に教えているそうですが
みどり税は、いわゆる環境税で
市内の緑地保全や
緑化、農地保全に
使われているもの。

子どもに理解してもらうのは
少し難しいかな?

と、広報部内でも喧々諤々・・・

でも結果は、ノープロブレム。

「未来のために、
ケーキ3個分(900円)の
おこずかいを我慢して、
森を守る!」

小学3年生の女の子が、
そう宣言してくれました。感激!

まちもり探検は、
十日市場の都会と、新治の里山で
緑のお宝をクイズ形式で
探していくというもの。

「お札になる木は?」

「春だけど雪なものな〜に?」

子どもも大人も夢中で探して歩きました。
そしてみどり税を知る紙芝居、
「みどりアップの冒険」では、
ワタクシ、みどりちゃんを演じ、
関東学院大学教授の望月正光先生との
掛け合い漫才?で

横浜の森は、
みんなで守っているんだよ、
とお話しました。

ドイツをはじめヨーロッパでは、
「森のようちえん」という
子どものための環境教育が盛んですが、
こうやって子どもの頃から
自然の中で税のこと、
社会の仕組みを学ぶことで、
きっと理想の未来を創れ
る大人が増えるといいなぁ♡

IMG_5752

みどりアップQ別冊「こどもみどりアップQ」はこちらからダウンロードできます。

 

Love your Life—大切なモノ、ひと、コト。