足元にも目を向けよ

ときどき、アンチ・ファッションな気持ちが募る。

先日は、地域のごみ拾いウォーク、数キロを楽しんだ。

横浜市環境事業推進委員なんてやっているお陰で。

地域の3R=reduce、reuse、recicleを推進するのが目的だ。

毎日あるいている歩道も、意識を変えてみると

そこ、かしこに、あるある!

ごみ拾いをしていると、大きなごみを見つけるほど

なぜか気分が高まる。

と同時に、空き缶やプラスチックなど、

人工的なモノがいかに多くの人にポイ捨てされ、

土に還ることなく眠っているのかということを知り、悲しい気持ちになる。

以前『人類が消えた世界』by アラン・ワイズマンの本が話題になったけれど、

人類滅亡後の100年後も、人工廃棄物や、放射性物質は消えることなく

地球の生態系を破壊し続ける・・・・という科学的ホラーにゾっとした。

そんな世界は、空想ごとじゃなくなりつつあるいま・・・。

ときには、足元に目を向けることも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。