美しさの文明回帰

かつてない非常事態を経験した今、

毎シーズン変化するトレンドを追いかけることに

どれだけの意味があるんだろう・・・? と、正直戸惑っていました。

                                                                                深い、無常観。                                                                                                     

                                                                                   それでも今回、秋冬コレクションの展示会を巡っているうちに、

ある発見に出会いました。                                                                    

                                                                           人類の文明への回帰。

                                                                                             私たち人類が、文明を育んできたことへの喜び、その美しさを、

デザイナーたちは再発見したかのよう。

なかでも興味深かったのは、

ビザンチン文化を表現したシャネルや

ローマ文明を見つめ直したブルガリ。                                                                      

                                                                                           ビザンチン調の工芸アクセサリーや、

ゴールド、ブルー&グリーンの美しさで異次元に誘うシャネル。                                                 

                                                                            ローマ時代の再生のシンボルとして愛された蛇や、

強さの象徴、ライオンのモチーフを取り入れたブルガリ。                                                      

                                                                                         たとえ今、私たちが原発という文明の怪物に脅かされていようとも、

恐ろしい憎悪を感じようとも、

一方では、人類は、この上なく美しい文明を育んできた歴史がある。

そんなことを、つれづれに・・・。                                                             

                                                                               シャネルのパリ-ビザンスコレクション記事はこちら

http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_29661/

 ※ただしそれぞれのコレクションは3・11以前に本国で発表されたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。