イノベーション・パラドックス

日経主催のエコプロ勉強会が
世界銀行 東京事務所で開かれ
私も参加してきました。

講師は世界銀行のチーフエコノミスト、
ウィリアム・マロニーさん。

テーマはInnovation paradox、
私なりに解釈して一言で言うなら、
途上国の憂鬱。でしょうか。

途上国では今後の発展のために
技術的な進化が必要なのに、
業務改善のための組織、マネジメントが
整っていないせいで
利益回収の仕組みができていない。
大切なのは、管理スキルや
組織の管理手法、
それこそがイノベーション を
成功に導き、雇用創出を
促進する基盤であり、
また政策立案や、各国の
イノベーションの進捗状況の
測定方法を見直すことが
これからのグローバル経済発展
においては欠かせない、と言うお話。

閑話休題、薩長の留学生たちがいかにスピーディにイノベーションを成し遂げたか。という歴史話も。

卵が先か、ニワトリが先か?
と言うお話にもちょっと似て。
技術開発の前に、先進国の
マネジメント、技術を移転する
と言うことも大事。でも
先進国とは違う生き方をする
彼らの意識行動を先進国と
同レベルに変えることが幸せなのか。
緩やかな変化が望ましいのでは
と言う意見も参加者からありました。

せっかくの機会なので、私は、
途上国における起業家の
男女差について聞きました。
イノベーションにおける
女性起業家は資金面や
資源その他で優位に
立てない現状や壁があると
よく言われていますが
途上国ではどうでしょうか。

途上国においては多くの女性が
起業しているが成功例には
残念ながら性差があり、
原因は国や状況によって色々あるが、
一つ共通しているのは、
女性は男性に比べて
リスクを取りたがらないと言うこと。

けれども世界銀行では、
そうした女性たちを支援するための
プログラムも今後始まるそうです。

日本の女性起業家も支援して欲しい
ところですが、残念ながら
途上国に向けた支援ですからね、
日本女性も頑張りましょう。

最後に、マロニーさんは
パスツールの名言を教えてくれました。
”Fortune favors the prepared mind”.

幸運は、準備が整った心にこそ宿る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I’m home! 頑張れ高校生。

先日、母校の市ケ尾高校で開かれた
キャリアアップ講座に
講師として登壇させて頂きました。

全校1、2年生向けに
OB、OGが高校で学んだことや
その後の進路、キャリア経験などを
プレゼンし、その後
パネルディスカッション
するというもの。

これは私にとっても、もう一度
自分の高校時代を振り返る、
良いきっかけになりました。

読書好きだった私は、本を読み過ぎて
「何のために勉強するのか?」
悩み、先生と議論したこと。
あの頃は先生も、
青春ドラマみたいに熱かった。

広島への修学旅行が、私の意識を
世界へ、平和への願いへ、
拡げるきっかけになったこと。
友人たちと話し合ったこと。

今の私があるのも
そんな高校時代のおかげ。

後輩たちには、
もし悩むようなことがあっても、
一見無駄に思えるようなことも、
勉強も、決して無駄にはならない。
社会に出て、いつか役立つ時が来る。

点と点が、つながって線になる・・・。
スティーブ・ジョブズの言葉を拝借し
私の今の気持ちを伝えました。

高校生たちは未来への
期待がいっぱいで
みんな瞳を輝かせながら
聞いてくれました。

あとから後輩が会議室に
質問しにやってきて、
進路の悩みを話してくれました。
でも、絶対に正しいなんてない、
失敗したってやり直せるんだから
まずは好きなことをやってみたら?

なんて、今だからこそ
エラそうに言えるけど
高校時代に先生が言ってくれたのも
そんな言葉だったかな。

改めて高校時代に、ありがとう。
そしてこんな素敵な機会を
くださった学校にも感謝します。

みんな、頑張れ!

 

 

 

 

 

 

祈り、内なるものとの境界

今年も311が訪れました。
私は、金沢文庫で開かれた
運慶展にて、祈りを捧げました。

源頼朝と同じ時代を生き、
神奈川にもいくつもの
作品を遺している運慶、
その神奈川ゆかりの
慶派仏像が一同に会した
特別展の最終日でした。

特に気になったのは
運慶の仏像の霊験伝説
として知られる
頬焼阿弥陀如来像です。

これは、町局が法師にある疑いから
火ゴテで罰を与えたところ
阿弥陀如来の頬にも同じ焼痕が
出現し、夢枕に阿弥陀如来が現れたという
縁起が伝えられているものです。

その伝説を振り返る時
私たちは、祈りの意味を考えます。
祈りとは、自分の内なる声に
耳を傾けることではないか、と。
焼頬の例は、真偽はともあれ
町局の心の奥にある罪悪感が、
そのような奇跡を見せたのでしょう。

その阿弥陀如来の前で
311の自然への畏怖を
想いながら祈りを捧げると
気のせいか、
阿弥陀如来の左目に
キラリと涙が光っている
ように見えました。

阿弥陀さまも悲しんでいらっしゃる、
それは私の内なる心の声であり
祈りを内から外へと放つ
静かな力を感じたのでした。

引き続き東北の復興と
被災された方々の心の回復を祈り、
自然とともに暮らす私たちの
災害への備えが万全であるように
と願うばかりです。

商工会議所交流会

先月、横浜商工会議所の
合同新春交流会にて、
ご挨拶させて頂きました。

新入りながら、私の事業紹介、
横浜玄米の事業など
PRさせて頂きました。

参加の皆さまは、
代々横浜で事業を継承されて
きた先輩方が多く、
アドバイスなども頂き、
励みになりました。

創業何十年という
社長さん達に囲まれて
「起業女子なんて
浮かれたこと言って
ごめんなさい」と、
内心、恐縮しまくりでしたが
「頑張って」と背中を
押してくださり、
心強かったです。

一方、好きなことを仕事にする
起業女子の軽やかさと
代々続くものを守る
事業継承者の責任と重み
という違いについても
考えることができました。

みなさま、ありがとうございました。


ワタシ・ブランドの作り方

頑張る女性たちの背中を押したい。
そんな想いから、
「輝く女性起業家プロモーションウィーク」(横浜市主催、モザイクモール港北共催)
の最終日の2月18日、
「ワタシ・ブランドの作り方・
起業女子会」を
モザイクモール港北にて
開催しました。

阪急商業開発の松井部長さんと。 女性の感性の活かし方をお話くださいました。

私自身、これまで海外ブランドの
創業家、CEOなどのトップに
直接インタビューしてきて
学んだブランド哲学を
ライフスタイルジャーナリスト
としてお伝えすること。

そして、この2年間育ててきた
食の商品開発の経験を
皆さんに役立ててもらうこと。
という2つの側面からお話しました。

実は、私は地域の食に関わるとき、
自分が食とは関係のない
キラキラしたブランド業界で
キャリアを積んできたことに
何か後ろめたさのようなものを
感じていたのですが、
一見関係のない業界であっても、
これまで積み上げてきた経験は、
役立っていたことに気づき、
ブランド哲学として
皆さんにお伝えできたことは
良かったなぁ、と。

ブランド作りに大切なのは

1ストーリー

2オリジナリティ

3ブレないワタシ

そしてこの3つは女性起業家が
もっている強み
だと思っています。
情熱、こだわりを貫く力、
感性ゆたかな発想力。

そして横浜という
つながり意識の高いまちで
こうして素敵な女性たちと
交流できたことは、
私にとっても大きな収穫でした。

子育てママから80代の
おばあちゃんまで
さまざまな年齢、業種の女性たちが
集まった起業女子会。

参加してくれた友人たちと。 みんなで一緒に頑張ろうね!

閉会後もずーっとみんな、
おしゃべりで盛り上がっていて。

最後に、参加した友人から
「いろいろ迷っていたけど
背中を押された気がする」
と言われた一言が、本当に嬉しかった。

ご参加の皆様、
ありがとうございました。
そして快くご協力くださった
モザイクモール港北
阪急商業開発の皆様にも感謝です。

 

 

 

なでしこブランド2018

横浜の田んぼと、

女性たちの健やかな

食生活を応援したい!

そんな想いから始めた

よこはま玄米PAN&Goの商品開発。

次年度の神奈川なでしこブランドに

認定されました!

神奈川県内の、女性が開発した

優れた商品を支援しようという

なでしこブランド、

今後はさまざまな機会で

皆さまにPRされるようです。

田んぼで米作りの話を聞いてから、

ずっと胸に温めてきた

お米愛♡

そして私の話に共感し

一緒に活動してくれた友人たち。

いろんな想いと人とが繋がって

小さな渦が少し広がった

ことに感謝します!

 

認定式には、ゼロ歳児と一緒に

開発に協力してくれた

管理栄養士の友人も一緒に記念撮影。

 

ちょうど同時期に

新規事業を始めた別の友人の

女子とも話していたのですが、

「たとえ小さくても、

動き続けることで

だんだん渦が広がるんだよね、

苦しくても止まっちゃダメなの」

と盛り上がりました。

 

私たちの働き方改革、

これからも頑張ります!

神奈川なでしこブランド2018認定のみなさんとプレス発表&記念撮影。タレントの 金子貴俊さんもゲストトーク。

続きを読む なでしこブランド2018

Buggy in the forest

先日、「みどりアップを見に行こう」
という横浜市みどりアップ
市民推進会議主催の
ツアーが開催され、
私も委員の一人として参加しました。

横浜市は、一人900円の
みどり税という環境税により
市内の緑地保全や
農地保全などが行われています。

都市の市街地は開発により
緑が失われてしまいがちですが
まとまった緑を残そうという
趣旨から市が森を買い取り
市民の森として保全することも
取組みのひとつ。

ツアーでは、港北ニュータウンの
一部の森と、緑道を観察しました。

仲町台駅からモールを少し抜けると
そこにはきれいな緑道が。
コースは茅ケ崎公園~
大原みねみち公園へ。

以前この一帯は山だったそうで、
‘70年代に山を伐り拓いて
市街地が作られました。

ツアーには、港北ニュータウンの設計に
関わったという筑波大学名誉教授の
川手昭二先生も同行され、
当時を振り返りながらお話されました。

開発にあたっては、
いかに“自然風”に緑を残すかを考えた。

もともとそこには杉やヒノキがあったが
暮らしにとけ込む森とするためには、
明るさが必要であり、
落葉樹などもバランスよく植樹した。

しかし40年を経て緑は成長し、
暗い森になりつつある。手入れも必要。
現在、みどりアップによる
樹林地の保全が行われていますが
なかには放置された私有林もあり
今後の課題は、住民たちが主体的に、
いかに森を管理していくか
ということである—というお話が。

森が暗くなると防犯上からも
心配する声があると住民の声も。

しかし森のそばに佇むマンション群を
観るにつれ、ここはもともと
森を切り崩して作ったんだよなぁ。

人が主役か、森の生きものが主役か?

森好きの私としては、
そこは悩ましいところです。
オオタカも、つい最近まで観られたそうです。

しかし、緑道を行き交うお母さんたちが
ベビーカーを押しながら
子どもと散歩しているのをみると、
素敵なことのように思えました。

身近な森に親しむことは
子どもたちにとっても
よい教育となるに違いないはず。
少子化のこれから、
子育て世代に必要なみどりのあり方を
この森に感じました。

緑地の開発を進める上で
自然が失われることへの
痛みを持っているかどうか。

それはまちづくりにおいて
なくしてはならない大事なことで
痛みがあればこそ、
なるべく自然に近い緑を残したいと
努力できるのだ—-

というような川手先生のお話も
感慨深く拝聴したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OPEN YOKOHAMA から2030

横浜には、開港以来の
ハマっ子の気風を表す
「OPEN YOKOHAMA」という
シンボル、スローガンがあります。

自由な風の吹く風車のマークは
さまざまなヒト、モノが出会い
交差する場所、横浜を表しています。

これが出来たのは、
開港150周年の2009年。
横浜の市民がみんなで考え、作ったもの。

その市民ワークショップを仕掛けた
プロデューサー、兎洞武揚さんに、
「OPEN YOKOHAMA」が出来るまでの
まちづくりストーリーや
横浜の魅力のあれやこれや、
そして2030年の未来に向けて
仕掛けるという、
持続可能なお買い物プロジェクト
OPEN 2030についても
聞いてみよう!というイベントに
インタビュアーとして
お手伝い参加しました。

横浜では今でこそ、毎日のように
あちこちで市民ワークショップが
開かれていて、みんなが
市民参加の「まちづくり」を
当たり前に楽しんでいるけれど
そのフックとなったのが
OPEN YOKOHAMAにまつわる
市民ワークショップでした。

振り返って見てみると、
小さな子どもから高齢者まで
みんなが積極的に話し合い、
キーワードをたくさん出して、
小さな意見も拾っていって、
蜘蛛の巣のような広がりが
やがて一つの言葉、形になって
いくのがすごく面白い!

「何十万も集まったキーワードを
手作業で仕分けして、集約していきました」

ビッグデータとかない時代の
アナログなデータ集約があったそうな。

イベント参加者の一人で、
かつての市民ワークショップに
ファシリテーターとして参加した人は
「ヨコハマのロゴマークを見るたび、
自分も一緒に作ったんだ、と
誇らしい気持ちになれる」
と話していました。

それはまさに、シビックプライド。

まちづくりに参加する楽しさが、
ひとり一人のプライドとなって
醸成している、ヨコハマ。

「それこそが、社会関係資本であり、
ヨコハマの魅力を作っているんです」
と兎洞さん。

改めて、わがまちの魅力を
再発見!できたイベントでした。

また、オープン2030については、
SDGs、国連の持続可能な開発目標に合わせて
「持続可能なお買い物」を考えよう、
という新たな取組み。

環境保全を考えた、
プロダクツのエコ認証など
世界では取組みが進んでいますが
日本での認知度はまだまだ。
消費者の理解がなければ、
作り手である企業も努力しない
という寂しい状況があります。

日本で使われているヤシ油は、
その多くが非認証・・・。

暮らしのなかのちょっとした気遣いで
海の向こうの環境や生態系が
守られるとしたら。

私たちも、商品のラベルにまで
ちゃんと目配せしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

プレ金の夜に

プレ金の夜に、
女性たちによる政策提言を
目指す自民党女性局主宰の女子会、
プレミアム・ウィメンズ・クラブ
第6回が先月開かれました。

教育問題がテーマの今回は、
文部科学大臣政務官・宮川典子さんを
コーディネーターに、
元文部科学大臣の松野博一さん、
衆議院議員 鈴木勇人さん、
国立教育政策研究所 濱中義隆さんら
教育に見識ある蒼々たる方々が
講演、パネルディスカッション。

少子高齢化の日本の未来は
今の仕事の約半分がITなど他に
代替される可能性があることから
イノベーションを引っ張る
人材育成が必要、
だから博士人材を厚くし、
教育費負担の軽減策を検討すべき、

という趣旨のもと
大学無償化の新制度や
次世代に投資する
こども保険など、
日本の未来を考えた
政策のあれこれのお話が。

でも少し疑問に感じたのは、
制度とお金も必要大前提だけど
まず大事なのは
日本はどんな未来、
どんな人を作っていくのか?
みんなが共感できる
ビジョンはどうなんだろう、
ということ。
そこは今後の議論に期待です。

講義を終えたあとの
懇親会では、宮川典子さんが
教師時代に経験した
悲しい出来事にふれ

「子どもたちがみな、
日本の未来に希望を持てる
教育の場を作っていきたい。
誰一人、自殺などしない
社会をめざす」
と話してくださり、
熱い想いに思わず涙が。

女子たちも皆、
熱く語り合いました。

未来を描くこと。

みんなが希望を持つ、ということ。

教育と制度、ビジョンについて
みんなで考えたプレ金のよる。

 

こころと社会

夏休みはキャンパスへ。
今年の夏休みは、勉強三昧。
慶應義塾大学通信科の
夏期スクーリングに通いました。

久しぶりのキャンパスライフ、
同じように大学に通う
社会人の仲間との出会いは
人生の宝と思えるほど。

いくつかの講義のうち
印象的だったのは
社会心理学の講義でした。

社会心理学とは、
個人と集団の相互作用を
実験を通じて読み解くもので
杉浦淳吉教授は
ゲーミングの手法も交えて
わかりやすく教えて下さいました。

トランプを使って環境行動を促す実験も。

しかし・・・、
深く知れば知るほど、
大きな疑問が膨らみます。
人の心、個人や集団の心は
相互作用によって変化してしまう
・・・ということ。

もちろん確固とした信念を
貫く個人はあれども、
過去半世紀の実験では
集団の心理は自在に操作可能、
ということがわかっています。

これはすなわち社会的利益のために
みんなをよき方へと
導くこともあれば、
反対に、悪意に操られる
危険性もあるということ。

為政者、指導者は道徳心が大事。

過去から現在にいたるまでの
世界の変化を見るにつれ
個々の心を育む教育が
根本的な強さや平和を
つくるモト
なんじゃないかな、と思うのです。

なお、慶應義塾大学塾長
長谷山彰先生の記念講演では
谷村豊太郎先生の有名な言葉,
「直ぐ役に立つ人間は,
直ぐ役に立たなくなる人間だ」
を例に人間教育のお話をされました。

私たちは何を学ぶべきか?
考えさせられる夏休みでした。

 

 

Love your Life—大切なモノ、ひと、コト。