子どもの未来を守るって?

「子どもたちの未来を
守るってなに?
どうやって守るの?」

そんな素朴な質問をする
男子に出会いました。
たぶん知的障害の施設帰り
と思われる彼は、
私が街で配っていた
食育PRのチラシの文字を見て
関心を持ってくれたのです。

そうだよね、未来を守るって
ざっくり言われても
わかりにくいよね。
素朴なギモンに、私も戸惑いつつ。

でも、私たちの街には
昔から田んぼや森があって、
そこでお米育てたり、
生き物を見つけたり、
いろいろ学んだ子どもは、
お米を残さず食べよう、と
自然に感謝したり、
自然を大事にしよう、と
思うようになるんだよ。
そういう子どもが増えたら、
未来は楽しいよね?

とざっくりした解説の後

「ふーん、ふーん。
・・・・・。
じゃ、僕、未来を守るよ!
未来を守る! 守る!」

何度もそう言ってくれました。
彼なりに、共感して
力強い返事をくれたことが
とっても嬉しかった。

家にチラシを持って帰って、
お母さんとも
その話をしてくれたら嬉しいな。

ちょっと嬉しかった
小さなコト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。