イノベーション・パラドックス

日経主催のエコプロ勉強会が
世界銀行 東京事務所で開かれ
私も参加してきました。

講師は世界銀行のチーフエコノミスト、
ウィリアム・マロニーさん。

テーマはInnovation paradox、
私なりに解釈して一言で言うなら、
途上国の憂鬱。でしょうか。

途上国では今後の発展のために
技術的な進化が必要なのに、
業務改善のための組織、マネジメントが
整っていないせいで
利益回収の仕組みができていない。
大切なのは、管理スキルや
組織の管理手法、
それこそがイノベーション を
成功に導き、雇用創出を
促進する基盤であり、
また政策立案や、各国の
イノベーションの進捗状況の
測定方法を見直すことが
これからのグローバル経済発展
においては欠かせない、と言うお話。

閑話休題、薩長の留学生たちがいかにスピーディにイノベーションを成し遂げたか。という歴史話も。

卵が先か、ニワトリが先か?
と言うお話にもちょっと似て。
技術開発の前に、先進国の
マネジメント、技術を移転する
と言うことも大事。でも
先進国とは違う生き方をする
彼らの意識行動を先進国と
同レベルに変えることが幸せなのか。
緩やかな変化が望ましいのでは
と言う意見も参加者からありました。

せっかくの機会なので、私は、
途上国における起業家の
男女差について聞きました。
イノベーションにおける
女性起業家は資金面や
資源その他で優位に
立てない現状や壁があると
よく言われていますが
途上国ではどうでしょうか。

途上国においては多くの女性が
起業しているが成功例には
残念ながら性差があり、
原因は国や状況によって色々あるが、
一つ共通しているのは、
女性は男性に比べて
リスクを取りたがらないと言うこと。

けれども世界銀行では、
そうした女性たちを支援するための
プログラムも今後始まるそうです。

日本の女性起業家も支援して欲しい
ところですが、残念ながら
途上国に向けた支援ですからね、
日本女性も頑張りましょう。

最後に、マロニーさんは
パスツールの名言を教えてくれました。
”Fortune favors the prepared mind”.

幸運は、準備が整った心にこそ宿る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。