まちレシピ@有隣堂本店

雑誌「コトレシピ」3号にて特集した
「だんごコミュニティ」をきっかけに
有隣堂伊勢佐木町本店にて、6月8日に読者イベントを開催しました。

まちをメディアに、どきどきわくわくするコトを創っていこう、
という趣旨ではじめた「まちレシピ」の記念すべき第一回め。
みらい出版、有隣堂本店、スマート・ウィメンズ・コミュニティによる
まちレシピ実行委員会を結成しての開催となりました。
ウォーキングに関しては、みんなの元気学校さんに協力頂きました。

横浜を舞台に数々の小説を書いてきた山崎洋子さんを講師に、
横浜の歴史と、ポールを使った街歩きを楽しむ
「ハマの歴史&ポールウォーキング」というイベント。
あいにくの天気にもかかわらず、大勢の皆さんにご参加頂きました。

0608polewalk
前列左から3番目が山崎洋子さん、その隣の隣がワタクシです。

もともと私はノルディックウォーキングを趣味としているのですが、
全身運動をしながら、ほどよいスピードで街歩きが楽しめる
このスポーツは、年齢に関係なく若者からシニアまで参加できます。
参加者も、若者から上は87歳!まで、
まさに老若男女のだんごコミュニティとなりました。

やって良かった~、とつくづく感じたのは、
読者の皆さんとリアルに交流できたこと。
さすがに皆さん積極的で、街歩きの際にはいつの間にか
皆さんのほうが講師として解説してしまうほど。
知識も経験も豊富で逆にこちらが、教わることが多かったくらい。
参加者同士の交流も行われて、次はどこを歩こう?
などと、サークル感覚の盛り上がりも。

これまで雑誌は、誌面を通して一方通行の情報発信をするものでしたが
これからは、まちや書店も「メディア」となる時代なんです。
リアルな場所を通して、双方向の交流を生み出すことも、
私たち、作り手が考えていかなくちゃ、と思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。