ピンクのひげ

なんと素敵な、ピンクのひげ!
といっても誰かさんのことではありません。
酒米の“亀の尾”の稲穂についた
ピンクのひげのことです。

先日は、タウン誌mireaの
連載コラム「日本酒巡礼」取材で
海老名の泉橋酒造さんに
お邪魔しました。

泉橋酒造は、原料の酒米から
栽培を行っており、
蔵の裏手には自家栽培水田も
管理しているのです。

そこで出会った、亀の尾。

あの、夏子の酒にも使われた品種で
明治26年に山形で発見され
阿部亀治翁によって
育種されたものがルーツです。

お酒については
mireaで詳細を書きましたが
お米好きの私としては
黄金色になびく
酒米の稲穂たちに出会えたことが
何よりも嬉しかったです。

水田では、酒造りを行う
若い蔵人たちが
農作業をも楽しみながら
育てているそうです。

季節を彩る日本の風景、
黄金色の田んぼが
今も都会の近くに点在し
それを受け継ぐ人たちがいるって

未来は明るい⭐

mirea HAPPY 日本酒巡礼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。