Green tax for the future

子どもたちと一緒に考える、みどり税のお話。
横浜市のみどりアップ計画市民推進会議の主催で
3/12「まちもり探検キッズ」というイベントを実施。

私は同会議委員で広報部長として
イベントに携わってきました。
一番難しいと思ったのは
「どうしたら子どもに
税金のことわかってもらえる?」
ということ。

IMG_5750

最近の小学校5、6年では
税金の話も本格的に教えているそうですが
みどり税は、いわゆる環境税で
市内の緑地保全や
緑化、農地保全に
使われているもの。

子どもに理解してもらうのは
少し難しいかな?

と、広報部内でも喧々諤々・・・

でも結果は、ノープロブレム。

「未来のために、
ケーキ3個分(900円)の
おこずかいを我慢して、
森を守る!」

小学3年生の女の子が、
そう宣言してくれました。感激!

まちもり探検は、
十日市場の都会と、新治の里山で
緑のお宝をクイズ形式で
探していくというもの。

「お札になる木は?」

「春だけど雪なものな〜に?」

子どもも大人も夢中で探して歩きました。
そしてみどり税を知る紙芝居、
「みどりアップの冒険」では、
ワタクシ、みどりちゃんを演じ、
関東学院大学教授の望月正光先生との
掛け合い漫才?で

横浜の森は、
みんなで守っているんだよ、
とお話しました。

ドイツをはじめヨーロッパでは、
「森のようちえん」という
子どものための環境教育が盛んですが、
こうやって子どもの頃から
自然の中で税のこと、
社会の仕組みを学ぶことで、
きっと理想の未来を創れ
る大人が増えるといいなぁ♡

IMG_5752

みどりアップQ別冊「こどもみどりアップQ」はこちらからダウンロードできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。