テスラ×タグ・ホイヤーin東京

テスラが東京にやってきた。

時計メーカー、タグ・ホイヤーの創業150周年を記念して行われたイベントに、

電気自動車界のスーパーカーなどと噂されるこの車も登場した。

 

テスラは電子工学上の最高時速210km/h、0-100km/h加速3.7秒、

EVの長所を極端に増幅させたクルマとして話題になっている。

今回は時計メーカー、タグ・ホイヤーとのコラボレーションにより

「先駆者たちの冒険旅行」と題して世界15都市をゆく巡回展のために

特別に作られたモデルが披露された。

CEOババンさん、杏さん、ジャック・ホイヤーさん

アンバサダーの杏さんを乗せて、音もなく静かに

レッドカーペットを滑るテスラを目の前にすると、

おーーー! と歓声が沸き上がる。

エレガントな次世代カーを感じさせる演出だ。

バッテリーパックにリチウムイオン電池6831個も積んでるとか

そもそも電気自動車の乗り心地ってどうなのか?

などという以前に、その佇まいは恐ろしくエレガントで静か、

まさにレッドカーペットをゆく、スーパーセレブの貫禄なのだ。

まるでセレブ・・・

家電的なイメージの強かったEVに、

セレブの貫禄を与えイメージを覆したという点で

テスラはやっぱりスゴイ、と思う。

・・・詳細はこちら(エキサイト記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。