The Little Black Jacket、サステナブルな衣服。

数年後も、ずっとずっと年を経ても。

着られる服が、どれくらいあるだろう?

私のワードローブには、叔母がくれた古い黒ジャケットがある。

もう20年以上前のものと思われるが、

いまだ現役でジーンズなどに合わせている。

シャネルの黒いジャケット。

独特のツイードの風合いやシルエットは、本当によく出来ていると思う。

裾裏にチェーンが縫い付けられ、着たときに”シャン”と見える設計とか。

肩周りは若干手直ししたけれど、年代をまたいでも野暮ったく見えない。

先日、青山でカール・ラガーフェルドの撮り下ろし作品を集めた写真展

『The Littel Black Jacket』が開かれた。

シンプルな黒いジャケットが、こんなにもいろんな表情を見せるのか、

と新鮮な驚きだった。

シャネルのリトルブラックジャケットは、

もともとオーストリアのホテルマンの制服に

インスパイアされて’50年代に作られたものだという。

それがどういうわけか、女性たちが着こなすとエレガントに見えてしまう。

10着のファストファッションよりも、

1着のシンプルな衣服の価値を改めて考えた。

 

カール・ラガーフェルドも来日、シャネルの写真展『The Little Black Jacket』http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_45417/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。