坂本龍一さん “人として大事な問題”

先日、日産リーフのイベントで坂本龍一さんにインタビューしました。

坂本さんには、以前にもモアトゥリーズの活動(ルイ・ヴィトンの森)で

インタビューさせて頂いたことがあるのだけれど、

本当にいつもニュートラルな感じでお話されるので、

こちらもついいろいろ聞きたくなってしまう。

以前は森の話から、人類の祖先、アフリカのイヴの話にまで広がったことも。

 

今回は、電気自動車のある地球の未来がテーマ。

 

電気自動車のある暮らしが広がることで、

エネルギーの地産地消、あるいは自産自消ができるようになるといいね、

もっとみんながエネルギーのソースを、自分で選べるようになって

EVが、エネルギーの民主主義を確立する後押しになったらうれしい、

というようなお話だった。

坂本さん自身は、NYで風力発電の電気を買っているそう。

 

—–アーティストとして、何か影響を受けることは?

 

そんな質問に、坂本さんは「音楽にはまったく影響ありませんね」と笑った。

たとえどんな電気を使おうと、シンセサイザーから生まれる音に変化はないけれど、

「人として生きていくうえでは、大事な問題」と。

 

何気ない一言が、あとからとても大切なことに感じられた。

 

インタビュー詳細は、またメディアでレポートします。

http://ism.excite.co.jp/art/rid_E1333781898074/  エキサイトism

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。