川俣正展 がらん、とした中に

BankArt NYKで開催中の川俣正展へ。

川俣さんのインスタレーションは、

何か、ざらざらした記憶を呼び覚ますような、不思議な感触。

解体された廃材などを使った、木製パレットの山や、

バラック小屋みたいなものも、倉庫だったこの場所で見ると、

妙に馴染んで見えて、埠頭の作業場に来ているような錯覚に。

見捨てられ、やがて忘れ去られる廃材が、つかのま息を吹き返した場所。

そこは、しんと静かであたたかい。

少々、ぎこちないバランスは今にも動きだしそうな野生味となって。

 

Expandというテーマどおり、

この場所、この空間にある地霊のような気配が、

作家のインスピレーションとともに、拡張されていくのかもしれない。

2階、3階のフロアは、まだ作りかけのがらん、とした空間だった。

このがらん、とした感覚も、なんだか日本的な気がして気持ちよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。