With Global Women

いま、アジア、アフリカの女性たちが考えていること、感じていること。

どれくらい日本の私たちは知っていただろう?

先週、JICA研修に参加する機会を得て、あらためて気づいた

いくつかのこと。

 jica yokohama1

JICA横浜ではアジア、アフリカからの研修者に混じって、

一般市民オブザーバーとして参加させて頂いた。

「ジェンダー自立」「農村の村民参加型開発」という使命を負った彼らの思いを、

間近に感じながらも、国境を越えて楽しく過ごした数日間。

 

jica yokohama2興味深かったのは、cause & effect tree というダイアグラム。

貧困など、さまざまなissueに関して、そのルーツ(根)を探り、

その影響(果実)を追求すると、1本の樹となってつながって理解できる・・・というもの。

そこで多くの国がissueとして挙げたのが「貧困」、

だけどその根には、Colonialismがあって、果実にはWarがあるというアフリカや

easy believeな純粋さ、lazyさを根に持ち、資源のdepleteをもたらすタイなど

研修生たちの冷静な自国分析に、はっとさせられた。

 

そんな彼らと横浜みなとみらいを歩きながら観察したときのこと。

この街の開発の余地は何か? というのが課題だったのだけれど、

「うーん・・・、もう十分じゃない?」

ラオスやミャンマーの研修生が首をかしげていた。

確かに比べてしまえばそうだよね。

私たちはつい自国を基準にしてしまいがちだけど、

世界には、まったく違う見方があるということもシンプルな気づきだった。

 

たくさんの気づきをくれた出会いに感謝します。

最終日は、アフリカのキュートな研修生と一緒に、フェアウェルソング&ダンス!

イエスタデイを替え歌にした、彼女の詩に思わず涙しつつ・・・。

「With Global Women」への1件のフィードバック

  1. メモ。彼女が書いたイエスタデイの替え歌の歌詞。

    Oh my friend!
    This class is very much important.
    For getting a real development
    And don’t believe but learn and think.
    And today, let’s keep contact but not say good-bye,
    As well as with kamal sensei
    Because if not I’ll cry.
    Anyway how we know what and why and how to process,
    For a participatory developme~nt♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。