クリスマスの思い出

クリスマスになると、世間は妙に浮かれるけれど

我が家はいたって平常心で聖夜を過ごしている。

「別に、クリスチャンでもないのに」というのが彼の言い訳。

 

街がきらきらすることで、誰かが幸せな気分になるなら、

それもいいんじゃないかと思うけれど、

心の片隅で、被災地の人たちは寒い思いしていないかしら、とか

誰かに思いやりを届けるのもクリスマスの過ごし方。

なんだか、すっかり忘れてしまいたくない気がする。

 

私にとってクリスマスの思い出は

子供の頃、両親が買ってきた山崎のいちごケーキ。

去年、亡くなった父が遺した、書き損じのクリスマスカード。

ちょうどクリスマス前にいろいろ片付けていたら、ひょっこり出てきた。

まるで天国から届いた、クリスマスカードみたいにうれしかった。

「クリスマスがあなたにとって

楽しく平和でありますように いつまでも」

xmas

今年もこのカードを引っ張り出して眺めている。

 

被災地の子供たちにも、クリスマスの思い出を送るなら…。

東日本大震災ふくしまこども寄附金

(福島県 児童家庭課に直接振り込まれます)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。